Home > 失敗

失敗

手術を受けることによって、視力が回復するレーシックは、メガネのような煩わしさやコンタクトレンズのような目にゴミが入ったときの不安などが要らない点ではとても便利で視力の悪い人にとっては画期的ですが、角膜を削り角度を変える手術というのは、失敗したときのことを考えるとどうしても不安があります。

失明の危険がないのか、余計に見えづらくなることはないのか、アフターケアはどうなっているのかなど、考え出すときりがありません。高いお金を払った後に、合併症や手術の後遺症が出て、レーシックを受ける前よりも不自由になる可能性などを考えると、中々レーシックに踏み出せない人も多いでしょう。

広告や有名人の発言などではレーシックを受けてよかったというものが多いですが、レーシックを受ける側への、施術側のきちんとした説明やアフターケアを整備して、少しでも受ける側、今後受けようとしている人たちへの不安を取り去ることが、
今後のレーシックの定着に重要となります。