Home > レーシックで失明する?

レーシックで失明する?

視力を矯正する新しい方法にレーシックがあります。アメリカで開発され世界ではすでに多くの人がこの手術を受けており、日本ではおよそ10年前から医療行為として認可が下りました。日本でこの手術を受ける人は年々、増えており人気があります。

視力矯正と言っても目の手術になりますので、リスクが100%ないとは言い切れません。このことはどの医療行為にも言えることです。ただし、レーシックは安全性が高い手術とされており、安心して手術を受けることができると言われています。

今までにレーシックで失明に至った人は報告されていません。この手術には安全性の高い精密機器を使う必要があるために手術による事故は起こりにくくなっています。

ただし、手術自体が成功しても術後のケアが適切でないと目に炎症が起こったり視力矯正効果が十分に得られない場合もありますので、レーシックを受けた後はメンテナンスを正しく行う必要があります。また、信頼おけるクリニックを選ぶことも重要です。