Home > 感染症

感染症

レーシックは日本では2000年に安全性が確認されて認可された比較的新しい治療ですが、海外での歴史は長く実績も多くあります。

レーシックは視力の矯正を目的にした角膜の外科手術です。特殊で制度の高いレーザーを使って角膜をフタ状に切り取ったあとにレーザー照射をして角膜の屈曲率を変えて視力を回復させるのが原理です。レーシック手術を受けたことを好評する有名人もいて、近視に悩む人が注目しています。

レーシックを考える人が一番不安に思うことは失明ですが、これまでレーシックの手術で失明をした人はなく危険はないことが確認されています。しかし入院もなく短時間の手術とはいえリスクはゼロではなく、合併症が起こる可能はあります。

レーシックの合併症には、手術を受けた人が高い割合で経験するドライアイや光がにじんで見えるなどの一過性で問題のないものと再手術が必要になるような重篤な合併症があります。

重篤な合併症の代表は角膜の感染症です。この感染症の原因は手術中の細菌感染で、逆に言えば衛星管理の徹底したクリニックでレーシックを受ければ起こり得ないものです。