Home > レーシック手術は痛い?

レーシック手術は痛い?

レーシック手術とは角膜屈折矯正手術と呼ばれるもののひとつです。目の表面にある角膜にレーザーを照射し、角膜の曲率を変えてしまうことで視力を回復するという手術方法です。人間だれでもそうですが、手術と聞くととても痛いイメージがあります。ですがレーシック手術は目に直接麻酔点眼薬というものを打つので手術中に痛みを感じることはまずないそうです。

レーシック手術は痛みはないと経験された方は良く言いますが、手術中に自分の眼球をさわられているなと言う感覚はするようです。
ですが手術時間も片目10分から15分くらいととても短いので、痛みを感じる時間もほとんどありません。

ですがレーシック手術中は痛みが無くてもそのあとの痛みが強い人が多いようです。手術中は麻酔自体が効いているので痛みはありませんが、麻酔が抜けていくにつれて目がごろごろしたり、人によっては染みてしまったりするようです。手術後の痛みなども考えて受けるのがいいです。