Home > 合併症

合併症

日本ではまだ新しい治療法であるレーシックは、海外では長い歴史と実績で確立された治療です。日本でも有名人やスポーツ選手がレーシックを受けたことを公開したりして知名度が高くなってきています。

レーシックでは角膜をふた状に切り取ったところにレーザーをあてて、角膜の厚みを変えてから切り取ったふた状の角膜を戻します。屈曲率を変えることで視力を矯正するのがレーシックの仕組みです。

近視に悩む多くの人がレーシックに関心を持っていますが、同時に不安も感じています。不安の多くは失明してしまうのではないか、とか重い合併症が起こるのではないかということです。

失明については危険性は否定されていて、レーシックは安全です。合併症については、短時間で終わる手術とはいえリスクはゼロではなく、眼球が乾いたり光がにじんで見えるなどの現象を体験する人がいます。しかしこれは一過性の合併症で、角膜の回復とともに消失するのが一般的です。

重篤な合併症もまれにはありますが、クリニックの衛生管理などに負うところが多いもので、標準的な衛生管理と技術をもってして行われるレーシック手術については合併症についての心配はほとんどないと言えます。