Home

レーシックについて

レーシックのイメージ

レーシックは、角膜を削る事によって視力回復をする手術です。多くの人が実際に受けて視力回復した話がインターネットなどで体験談として掲載されています。

しかし今からレーシックを受けようかと悩んでいる人にとっては、いくら安全性の高い手術だといってもやはり目の角膜を削る手術です。

レーシックを受ける前は、やはりレーシックのイメージは怖いと感じてしまうはずです。
手術と聞くと誰もが怖いというイメージを抱いてしまいます。しかし、レーシックを体験した人のほとんどが短時間で終わり痛みもなく、レーシックの手術を受けてレーシックに対するイメージが一気に変わったと答えています。

レーシックは、受ける前は怖いというイメージがありますが実際に受けるとイメージが変わるほど短時間で終わる手術です。その効果も早くすぐに視力回復が出来ます。
信頼出来るレーシックのクリニックで手術を行えば今抱いるレーシックのイメージが一気に変わるはずです。

一般的なレーシックの目的

レーシック手術を行う人は、どのような理由から手術をうけるにいたったのか、いくつか挙げます。

まずは、コンタクトレンズの長期使用が挙げられます。多くの方は、コンタクトレンズの使用年数が20年近くなると、目がそれに耐えられなくなってきます。夕方異常に目が乾く、あるいは使用に耐えられない、はずしたくなるという現象がおこります。それを解消するためにレーシック手術を選択します。

次に挙げられるのが、先の震災の様に、事故や災害時、メガネやコンタクトレンズが使用できないと、避難などの妨げになる不安があるという理由です。有事には、メガネやコンタクトを探す余裕があるかどうかはほとんど予想できません。レーシック手術を受ければ、その不安を解消できます。

最後は、経済的な理由からです。コンタクトレンズは、使い捨てにしても、ハード/ソフトレンズを使用するにしても、検診費用やレンズのお手入れに必要な薬剤の費用が必要です。一度レーシック手術を受けてしまえば、2年ほどでその費用を回収できます。

レーシックの現状

一度落ちた視力を戻すのは大変なことです。視力回復センター等もありますが、効果には個人差がありなかなか定着しなかったのが現状です。そのため、メガネやコンタクトレンズで矯正を行うのが常でした。

そんな時に突如現れた視力の回復方法がレーシック手術です。これは、角膜を削りピントを合わせるという新しい手術方法で確立されてからまだ日が浅いものです。レーシック手術の優れたところは、まず手術を行っても日帰りできるということです。

忙しい人にも向いています。そしてなにより効果が絶大に表れると言うことです。
スポーツ選手などでもこの手術を行っている人がいると言います。しかし、新しい手術ということもあり術後の何十年後かにどのような副作用があるかまだはっきりしていません。また、角膜を削り、ピントを合わせるだけのためまた何年か後に視力が低下することもあり抜本的な視力の低下の要因が解決できていません。

実際に医師の中にはレーシック手術に疑問を持っている人もいるとようです。それでも現状、レーシック手術が視力の改善にもっとも近道と言えるのは間違いないと思います。